”これで一晩乗り切れる!”有効な眠気を覚ます方法

これから徹夜で頑張るぞ!

って意気込むのはいいけど、なんせ

ねむいーー

という方、こんばんは!

明日からテストでヤバイ!わかります

仕事が立て込んでてヤバイ!それもわかります

しかし、水を差すようで悪いのですが、

夜更かしで作業すると、作業効率は落ちます。

それも、17時間以上起きていると血中アルコール濃度が0.05%(ほろ酔い程度)となった飲酒後の状態にまで落ちると言われています

酔っぱらった状態で作業しているも同然ということをお忘れなく

ではいきましょう!

耳を引っ張る

耳を引っ張るだけで、眠気覚ましの効果があるようです

頭蓋骨の一部である「蝶形骨」という部分があります

この「蝶形骨」がスムーズに動くと

  • 頭の血流がよくなる
  • 内蔵機能、身体機能が向上する
  • ホルモンバランスが安定する
  • 自律神経が安定する

など、眠気覚まし以外にも効果があるようです

蝶形骨は、目を酷使したり、ストレスがかかることによって、圧迫された状態になってしまいます

耳を引っ張るようなストレッチを行うことで、蝶形骨がスムーズに動くようになります

光を浴びる

よくブルーライトは睡眠の妨げになる、って聞きますよね

でも眠気覚ましにはもってこいです

眠たくなるとメラトニンというホルモンが分泌されます。しかし光を浴びることでメラトニンを抑制し、セロトニンという集中力を高めるホルモンが分泌されます

日が出ていれば太陽の光を浴びるのも有効ですよ(夜更かし組の人たちは、無理ですが)

会話

会話をすると、脳が活性化されて目が覚めるんだそうです

学生のとき、友達と電話しながら勉強してる人とかいましたよね

僕には理解できませんでしたが、あながち間違ってもなかったのかもしれません

やっぱ、友達大事ですね

軽い運動

運動をすることで、セロトニン(集中力を高めるホルモン)が分泌されます

筋肉を規則的かつ継続的に動かす運動が効果的です

階段の上り下り、散歩など、、

ジョージア大学の研究で、軽い運動を20分した後の3~4時間は認知能力や集中力、考察力が高まるということが分かっています

仮眠

思い切って、寝てみましょう!でも寝すぎはよくありませんよ!!

時間の目安は15分~30分程度、寝すぎると起きれなくなります

仮眠をとることで、目が覚めるだけでなく、疲労回復効果もあるようです

疲れた状態で作業をしてもはかどらないことは目に見えています

まとめ

いかがでしたでしょうか?これで一晩乗り切れますね!しかし頻繁に夜更かしするのはやめたほうがいいでしょう。夜型人間もほどほどに

僕の記事があなたの生活の役に立つことができたら嬉しいです。最後まで読んでくれてありがとう


<お知らせ>

ツイッターもやってます!! 最新の役立つ情報をチェック!

ほかにも面白い記事をたくさん書いています。良かったらのぞいてみてね!!あなたへのおすすめの記事はこの2つです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です