”科学が認めた”あなたの脳を鍛える5つの方法

驚くことに、脳科学者のバヴェリア教授によると、

大々的に脳トレをうたっているゲームのうち、実際に効果があるものは、あったとしてもわずか。

だそうです

では、本当に効果のある脳トレとは、なんなのか?それは意外にも簡単なことでした。

今回は本当に効果のある、しかも簡単にできる脳トレについてご紹介していきます!

ランニング

体を動かすことで、その動作を処理するために脳が活性化します

ランニングによって、脳の「海馬」、「前頭葉」といった部位を鍛えることができます

海馬は、主に記憶や、空間学習能力、

前頭葉は、思考や判断といった機能を担っています

ランニングには、脳トレ効果のほかにも、ダイエットや生活習慣病の予防、さらに免疫力のUPなど、様々な効果が期待できます

これを機に、やってみてはどうでしょうか?

アクションゲーム

ゲームといえば、あまりいいイメージがありませんよね。子供のころゲームに熱中した経験はありますか?そのときは、親にこっぴどく注意されたはずです。「ゲームばっかしてないで、勉強やりなさい!」って。たしかにやりすぎはよくありません。

しかし、アクションゲーム(シューティングゲーム)に関する興味深い調査があります

脳科学者のダフネ・パヴェリア教授によると、

ゲームをする人は、しない人に比べて、視力がよく、さらに注意力も優れている

ということが調査によって分かったそうです。TED

こういったゲームもあながち、無意味ではないのかもしれません

会話

日常会話によって、脳の力が高まることそうです

ミシガン大学の調査によると、

相手と仲良くなれたらいいなぐらいの感覚での会話によって、脳の実行機能が80%向上する

ことが分かっています

他言語を勉強する

20世紀まで、子供をバイリンガルとして育てるのは、子どもの知性を妨げると考えられていました。

しかし最近の研究の結果、バイリンガルの子供とそうでない子供とを比較すると、会話ができるようになる前の段階でさえバイリンガルの子のほうが脳の実行機能の発達が加速されていたそうです

さらに、複数言語を話す人は集中力が高く、アルツハイマーの発症にかかりにくいといった特徴があります

マサチューセッツ州の研究によると、

言語学習を通した「認知障害解決のエクササイズ」は何を学習する場合にも直接適用できる結論に達しています

引用:lifehacker

つまりあらゆる学習が速くなるというわけです

瞑想

かの有名なApple社のスティーブジョブズも生活に取り入れていたという「瞑想」ですが、脳科学的にも効果があることが分かっています

最近の研究では、1日27分の瞑想によって集中力が向上し、睡眠の質も上がるという結果が出ています

瞑想はGoogleやFacebookなどの名だたる企業でも取り入れ得られており、その効果は世界中で認められています

まとめ

いかがでしたでしょうか?一般に言われる「脳トレ」のイメージとは違い、意外な方法で脳をトレーニングできることが分かりましたね。しかし、これを実行に移しさらに習慣化するのは大変です。効果的に習慣化する方法についてもしたのリンクからぜひチェックしてみてください!

僕の記事があなたの生活の役に立つことができたら嬉しいです。最後まで読んでくれてありがとう


<お知らせ>

ツイッターもやってます!! 最新の役立つ情報をチェック!

ほかにも面白い記事をたくさん書いています。良かったらのぞいてみてね!!あなたへのおすすめの記事はこの2つです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です