睡眠の質を高めるための簡単な3つの方法

皆さんは、ちゃんと寝れているでしょうか?

厚生労働省によると、日本人の約5人に1人は睡眠時に何かしらの障害を抱えているとしています

さらに、日本人は、欧米諸国と比較しても、睡眠時間が短く、特に女性は短い傾向があるようです

しかし、睡眠時間をとりたくても、そう簡単にはいきませんよね?簡単だったらこんなに問題にはなっていませんから

そこで、睡眠の質を高めるための今すぐできる簡単なたった3つの方法を紹介していきます

夕食は就寝の2~3時間前

寝る2~3時間前に夕食をとるのが、ベストです

2~3時間というのは、胃の消化が終わるまでの時間です。睡眠中に胃での消化が行われると、交感神経を刺激するので、良質な睡眠を妨げてしまいます

じゃあ、そのタイミングを逃してしまったら、もう食べないほうがいいのかというと、そうでもありません

空腹状態も、睡眠の妨げになります。おなかがすくと、血糖値が下がり、アドレナリンが分泌されるので、睡眠が浅くなるほか、寝汗、悪夢などの症状が現れることもあります

そこで、クラッカーなどのように消化のいいもの少し食べてから眠るようにしましょう

ブルーライトを避ける

ブルーライトとは、パソコンやスマホなどのLEDディスプレイによる、強力な青色光でのことです

ブルーライトが睡眠に悪影響を及ぼすという話は、有名な話ですが、寝床に入ったら、スマホを見る、というのが習慣化している人も少なくはないはずです。ブルーライトが睡眠に悪いのを知っていながら、ついつい見てしまうということです

ブルーライトを浴び続けると、睡眠によくないのは、もちろん、自律神経系や内分泌系、さらに免疫系にも悪影響を及ぼします

具体的な対策としては、次のようなものがあげられます

  • 画面を暗くする
  • ブルーライトカット機能または、アプリで、ブルーライトをカット
  • ブルーライトカット眼鏡をする
  • ブルーライトカットの保護フィルムを使う
  • 就寝前はスマホ、パソコンを使わない

音楽を聴く

入眠前に音楽を聴くことで睡眠の質が向上します

クラシックを寝る前に聴くと、睡眠の質が良くなった、という調査結果があります

ただし次の条件を守りましょう

  • タイマーを使って眠りに入ったら、音楽を止める

睡眠中はなるべく静か(40デシベル以下)に保ったほうがいいです

  • 歌詞のない曲を聴く

曲中に言語が入ると脳が活発になるようです

  • テンポが遅い曲を聴く

テンポの遅い曲は脳をリラックスさせる効果があります

  • 好きな曲を聴く

リラックスできる音楽を聴くことが重要なので、好きな曲を聴くことは有効といえます

まとめ

いかがでしたでしょうか?睡眠の質を軽視することは、人生の質を軽視することに直結します。睡眠の質は思っているよりも重要なことです。しかし、そもそも寝付けないという人もいると思います。そんな人は下にリンクを貼ってあるのでよければのぞいてみて下さい

僕の記事があなたの生活の役に立つことができたら嬉しいです。最後まで読んでくれてありがとう


<お知らせ>

ツイッターもやってます!! 最新の役立つ情報をチェック!

ほかにも面白い記事をたくさん書いています。良かったらのぞいてみてね!!あなたへのおすすめの記事はこの2つです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です